ヒモ≒ペット

アパートで猫が飼えないのでヒモを飼っています

舞台いろいろ見たなって話

チケットファイル捲っててなんかいろいろ舞台見たな~と思ったので今までに見た舞台について書き殴ります.また何か見たり思い出したりしたらいつの間にか増えてるかも

完全にただのチラ裏メモ書きなのでまともな内容は期待しないでください

 

 舞台『ジョーカー・ゲーム

これは記事にしてますね.初めて生で観劇した舞台.ブルーシアターくんなくなっちゃって悲しい

衣装がみんなスーツで,俳優の声も聞き分けられなかったので,全然人物の見分けができなくて大変だったのを覚えてます

あと通路席のときに推しが通路を走り抜けて床が揺れたのを直に感じたということにめちゃくちゃ感動してたな…友人にはキモいとか言われたけど…

舞台『刀剣乱舞』暁の独眼竜

刀ステくんはチケット戦争激しすぎてほぼ諦めてるけど,これは動く大倶利伽羅が見たすぎて先輩にチケットを譲っていただいた

倶利伽羅がベンチみたいな椅子に座る時に,お尻側の防具みたいなやつをパって後ろに払ってから座るのが個人的にめちゃくちゃツボでした

あと戦闘で苦戦して息を荒げていたり立ち上がろうとして立ち上がれないみたいな演技がえっちでめちゃめちゃ好き

ところでこれは内容には全く関係ないのだけど,舞台中に突然文字とか背景とかじゃなく人物の実写映像が流れ出すとどうしてもちょっと笑えてしまう

黒雲峠

ジョカステ見た直後に友人と衝動で申し込んだ初めての2.5じゃない舞台

完全に出演者目当てで見てしまったけど,殺陣も良かったし渋い内容と演技も良かった

昼のチケットだけ取ってたけど,昼のカテコで夜公演の当日券あるよって俳優に言われて,チョロいオタクなので結局夜も見てしまったことだなぁ

Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-

これの秋公演も新作のバビロニアも全っっっ然チケット取れなくて,よくこの時チケット取れたな…って逆に不思議

刀以外の殺陣を初めて見たし,女キャラのいる舞台も初めて見たのでなんかいろいろ新鮮でした.マシュの盾の取り回しがかっこよかった

オジマンディアスが投げた聖杯をぐだ男が完全にただのミスで落っことしてしまったのは忘れられない

大千秋楽以外でスタオベがあったのは後にも先にもこれしか経験してないな…今でも毎公演スタオベやってるのだろうか

夏の夜の夢

黒雲峠の直後に衝動で申し込んで見たやつ

いい年した大人の男がドレス着てるのを見て喜ぶタイプのオタクでごめん…

あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~

初めてのあんステ!推しは出ないけど!

友人に見せてもらったあんステの円盤が原因で舞台沼にはまったので,やっぱり感慨深いものがありました

Knightsの顔面偏差値が高すぎておったまげてた

日替わり?で廊下を走るなと注意した手前自分が走る訳にはいかない蓮巳敬人くんがむちゃくちゃ背筋伸ばして姿勢良く競歩してたのは覚えてます

舞台「OZMAFIA!!

推し目当てで原作全く知らないのにチケ取ってから原作ゲーム買って,予習にめっちゃ時間と精神力を使った

Twitterでたまに思い出したときに言ってますが虚無舞台でした.これは多分私に乙女ゲーム適正が無いのが悪いんだろうな…

この1件以来原作に一ミリも興味ない舞台を見るのはやめてる

舞台『K ~MISSING KINGS~』

原作アニメ見てたので内容は知ってたけど,舞台は1~3作目いっこも見てないのに突然4作目を見たら結局1~3作目も見たくなって円盤を揃えてしまった

またアイドルKやってくれんかな~

MISSING KINGSについてはなぜか全く記憶がない.えっこれ見たよな?

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~

未だにちょいちょい見てもらえてるうちわの記事のときの舞台ですね

JoKには推しは出てなかったので,ここで初めてあんステに出演する推しをみることができたんだなぁ

衝撃を受けすぎて視覚的な記憶が曖昧なんですが,推しがファンサをくれたような気がした時うちわを持つ手が痙攣したことは覚えている

龍よ,狼と踊れ Dragon Dance with Wolves ~草奔の死士~

昼間に東京かどっかで予定があった日に突発的に当日券チャレンジしてみたやつ

マジの最後列で,更にその時メガネの度が馬鹿みたいに合ってなかったので,前作のあらすじがプロジェクターかなんかで文字で映し出されたときは全然見えなくて焦った

舞台前はなるべくメガネの度は合わせておこう もしくは双眼鏡を持ち歩こう という教訓を得た舞台でした

舞台の感想としては,殺陣のある舞台は良いな~ あと谷口賢志さんはやっぱむちゃくちゃ格好いい

舞台『ジョーカー・ゲームII』

東京で2回見た後わざわざ大阪行って2回見た.アホだったのか?

ちなみに3人で3人物を持ち回りの日替わりキャストとかいうわけのわからない試みのある舞台だったのですが,4回見たうちの3回が同じキャスティングで,今思い出しても運の悪さに笑えてくる

一応推しが一番喋る人物(雪村幸一)をやる公演も一回は見れたので良かったです

あと山本一慶さんのぶりっこの演技が非常~~~~~に良かったです.3回も見たせいかもしれませんが,甘利の雪村幸一が一番好きでした.雪村幸一から甘利にスイッチする瞬間がすげ~~~~~~~~~良い

今回は一応実井メインというか主演だったけど,他のキャラメインの回とかも今後やってくれるのだろうか…新作発表あるとしたら今日のリリイベなので楽しみ

あんステフェスティバル』

これを舞台と呼んでいいのか?まあ一応あんステだし…

これもうちわだけ記事にしてますね

そっちの記事にはわざわざ書いてないけどむちゃくちゃ浮かれてたので同じくむちゃくちゃ浮かれた友人と一緒にTシャツ着て参戦してました.ライブっていいもんだな

ところで新曲の間奏中に突然ダンスの振り教えられたけど,あの瞬間にマスターできたオタクいるのか?わたしは卒業曲で精神がただでさえぐちゃぐちゃだったのに,その後に出てきた時に着てたクソダサTシャツのせいでわけがわからなくなって更に客降りも始まるしでなんっも覚えてないです

というかあれSingin'☆Shine!より格段に難しいやんけ.冷静な状態で円盤見てても全然覚えられないんですけど...

家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE

古のオタクなので復活が好きでした.というか今でも好き

ギャグパートはもう歳だからなのか今の自分にはついていけねえな…と思うところもありましたが,いちいちセリフに聞き覚えがありすぎて笑っちゃいそうでした

あとこれ見た後一ヶ月くらいは雲雀恭弥に精神を囚われてました

雲雀恭弥トンファー裁きが三次元で見れるなんて思ってもみなかったし,中学生くらいのときの自分に「生きてれば数年後に雲雀恭弥が現実に存在してるとこ見れるよ」って教えてあげたい

ヴァリアー編では綱吉くんが飛ぶ必要性が出てくると思うんですけど,演出どうなるんだろうね

あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Memory of Marionette~

 卒業にキャス変に炎上にと色々あった後の舞台だったので若干不安でしたが,Valkyrieのクオリティが高すぎて他のことは何も気にならなくなってしまった

あんスタくんってゲームのストーリーだとまともにライブシーンが出てくることの方が少ないし,わたしは声優ライブのやつにも行ったことがなかったので完全にValkyrieのライブというものが初めてですごすぎて鳥肌立ちました

特にみかちゃん,普段のかわいい感じからのライブでめちゃめちゃかっこよくなるのずるくない?

客降り中に「あんな~実は靴下に穴あいてんねん.…お師さんには秘密やで」って言ってたのほんま可愛すぎて無理無理の無理

舞台「妖怪アパートの優雅な日常」

二十代後半男性が中学生役で学ランを着ている舞台を見てしまった…

原作を知ってるので,だいぶ厳しい尺の中で日常シーンも入れつつちゃんと一つの話にまとめられててすごいなって思いました

龍さんの歩き方と,頑なにほぼずっと手をポケットに突っ込んでるとこがなんか好き

あと骨董屋の胡散臭さにあ~これこれこんな感じ~~~ってなったし,長谷のめちゃくちゃ夕士を想ってるのにあんまり口を出さず不器用な感じも良かったです

妖怪のきぐるみ妙にかわいかったな

フリーゲームはいいぞ そのいち

こんにちは、埃ちゃんです

はじめに

以前BLアドベントカレンダーで2つほどフリーゲームを紹介したこと*1*2から分かるよう、私はフリーゲームというものが好きです

最近久しぶりにフリーゲームを色々プレイして、フリーゲームってやっぱいいな~!と思ったのでフリーゲームプレゼンをします

フリーゲームとは?

文字通り『フリー(無料)』の『ゲーム』のことを指します

ただしもうちょっと条件があって、インディーズゲームもしくは同人ゲームと呼ばれるものの内で、インターネット上からダウンロードorプレイできる無料のものをこう呼びます

インディーズゲーム・同人ゲームとは、ゲーム制作のプロではなく、趣味でゲーム制作をやっている人たちが作ったゲームのことです

つまり、任天堂SQUARE ENIXなどのゲーム制作会社が提供するコンシューマーゲームソーシャルゲームなどは、無料であってもこれには当たりません

また、みんな大好きウン年前のTYPE-MOON作品やKey作品のように、同人ゲームではあってもイベントでの頒布という形式を取るものも、フリーゲームには当たりません

ゲームという大きなくくりの中にインディーズゲーム・同人ゲームというくくりがあって、更にその中にフリーゲームというジャンルがあるという理解で大丈夫だと思います

ちなみに略称はフリゲです*3

フリーゲームの特徴

  • 無料
  • 一作のプレイ時間が比較的短いものが多い
  • クオリティ差が激しい

フリーゲームの最大の特徴は、クオリティの差が激しいことだと思っています

マチュアが趣味で作っている上に、2週間で暇つぶしに作ってみました!というものもあれば、複数人のスタッフで1年以上かけて作りました!みたいなのもあるので当然です

後述するゲーム投稿サイトなどではレビューがつけられたりダウンロード数などからランキングがついていたりもしますが、基本的には自分でやってみるまでクオリティはわかりません

しかし、なんといってもフリーゲームは無料なので、時間はかかってもお金をかけずに自分が気に入るゲームをいくらでも探すことが出来るのです

そういう宝探し的なところがフリーゲームの魅力であり、私がフリーゲームを好きな所以なのかなと思います

あと、一作のプレイ時間がめちゃくちゃ長いコンシューマーゲームをやるのがちょっと苦手なのもあります

長いコンシューマーゲームに飽きて一生積みゲーと化す、続きが気になりすぎて一日中ゲームをしてしまった、などの経験はありませんか?私はあります

そんな人間には、予想プレイ時間3時間とかのものが多いフリーゲームはめちゃめちゃ向いているはずです

 

ここまで色々書いてきましたが、めっちゃ雑にまとめると、

無料で、それなりに数が多く、一作一作のプレイ時間がそこまで長くないものが多いので、数撃ちゃ当たる戦法が他のゲームジャンルより圧倒的に楽

というのがフリーゲームの特徴であり魅力だと思います

フリーゲームの探し方

では、自分が気に入るゲームをどうやって探せばよいのか?

わたしはいつもゲーム投稿サイトで探しています

 

Vector: トップ / ダウンロード / Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT / ゲーム

厳密にはゲームだけでなく、PCソフト全般を扱うサイトです
私が小中学生の頃はここくらいしかフリーゲームを探せるサイトを知らなかったので、これのRPGカテゴリばっか見てました

 

ふりーむ! - フリーゲーム/無料ゲーム 10000本!

名前から分かる通り、完全にフリーゲーム専用のサイトです

DLランキングやジャンル検索、あるゲームが好きな人にオススメの別のゲームを教えてくれるなど、探しやすい機能が色々揃ってます

 

ノベルゲームコレクション|無料で遊べる。ノベルゲーム投稿サイト

これも名前の通り、ノベルゲーム専用のサイトです

ティラノスクリプト・ティラノビルダーというノベルゲーム制作ツールを使って作ったノベルゲームの公開用サイト、という立ち位置らしいです

 

このあたりが、私が最近使っているフリーゲーム投稿サイトです

他にも個人サイトでのみ公開している場合もあり、それを見つけるために昔懐かしサーチサイトを眺めることがあったり、スマホゲームに限ればAppStoreやGooglePlayなどでゲームを公開していることもあります

もちろん私が使ってないだけで、他にも色々なサイトやサービスがあるみたいです*4

あとは、フリーゲームのレビューサイトなどがたくさんあるので、それを参考にすれば誰かが面白いと認めたゲームだけを拾うことができるのかな

私は先述の通りフリーゲームの宝探し感が好きなので全く見ないですが

フリーゲームをやる為に必要なもの

とりあえずPCかスマホは必須です

というかPCとスマホさえあればなんとかなります

以前はPCで遊べるものばかりでしたが、スマホ版ノベルゲームが簡単に作れるツールが登場してからはスマホで遊べるものも多いです

なんならダウンロード不要で、ブラウザでそのままプレイできるゲーム*5もあります すごいね

あと、ゲームの開発ツールによっては、ゲーム本体とは別にパッケージをインストールする必要があったりもしますが、それも普通は無料なので安心してください

この、誰でも気軽にできる感じもフリーゲームの良いところですね

さいごに

ほんとはオススメフリーゲームの紹介までやろうと思っていたのですが、ここまで思ったより長々と書きすぎてしまったので記事を分けます

もしフリーゲームに興味が出てきたら、先述のフリーゲーム投稿サイトなどを眺めてみてください

ここまで読んでくれてありがとうございました!

次回はオススメフリーゲーム紹介をやりたい

推しの応援うちわ第二弾

お久しぶりです。埃ちゃんです。

 

はてブアクセス解析によると、以前書いたこちらの記事がこのブログ内でアクセス数ダントツトップ記事みたいです。ありがとうございます。

himonushi.hatenablog.com

この後このうちわを公演に持っていったところ、隣りに座っていたお姉さんから「うちわかわいいですね~!」って褒められてめちゃめちゃ嬉しかったです。

ファンサはもらえたのかもらえてないのか微妙ですが多分おそらくきっと推しの目には入ったんじゃないだろうか…と勝手に思っています。思うだけなら自由だし…

 

さて、こないだ『あんステフェスティバル』とかいうライブ公演のためにまた新たにうちわを作ったので報告に参りました。

f:id:hokori92:20181022140714j:plain

f:id:hokori92:20181022140715j:plain

といっても今回マジでギリギリに作ってて途中経過とか何も撮ってなかったので完成品の写真だけです。

ライブ公演で体育館だしそんなにステージに近い席でもないし…とほとんど自己満足で作ったので、文字小さめで飾りゴテゴテな感じになりました。(結局通路席で俳優が横を通りまくったので今はちょっと後悔している。)

ちなみに連番でチケット取ってくれた友人には「前回のうちわより進化してるね」と言われ、なんでもいいからとにかく余白を埋めると豪華に見えるという知見が得られました。

 

今回もキャラクターは同じでカードイラストは変えました。丁度タイミングが良かったのでアルバムのジャケットのやつです。

材料と工程は前回とほぼ同じです。増えたのは色画用紙の種類と薔薇の飾りくらい。

この薔薇はみんな大好きダイソーで買いました。本当は何かに絡みつけて飾る用のやつで、蔦みたいな紐で繋がってたんですが花だけになるように切って両面テープで貼り付けてあります。

実は開演前に一個だけ薔薇が取れちゃって、持ってきてた両面テープで付け直したのですが、そろそろグルーガン買おう…と思いました。

とりあえず羽風薫の周りに黄色い薔薇を散らすことが出来て満足です。同じこと考えてる人間絶対いるだろうな~と思ってTwitterで検索してみたら案の定いたのでフフッてなりました。

 

ちなみに当日は推しはいゆはそもそも横の通路を通らなかったし推しキャラのはいゆは横の通路は通ったもののチラリともこちらを見なかったのでファンサはもらえませんでした!!!以上!!!!!解散!!!!!!!!!!

 

ところであんステ新作の日程にあんステ卒業はいゆが複数人いる舞台がまるかぶってるの、狙ってるんですかね?ちょっと気になる。業界に詳しい方がいたらこっそりでいいので教えてください。